大学病院の新生児集中治療室(NICU)で働いていた頃、少子化だというのが信じられないほど、毎日たくさんの赤ちゃんが搬送されてきました。
そこでたくさんの頑張る赤ちゃん、ママ、パパを見て、「小さく生まれること、病気を持って生まれることを防げたら」と思っていました。

日本は低出生体重児(2,500g未満で生まれる赤ちゃん)として基準よりも小さく生まれる赤ちゃんの割合がOECDでトップ。その要因の一つが、妊娠前の女性の栄養状態の悪さだと言われています。
日本では、20代女性の約20%が「やせ」の状態です。

やせ以外にも、妊娠中に感染すると赤ちゃんの病気の原因になる風疹、無症状で気づきにくいにも関わらず不妊の原因となるクラミジア感染症、妊娠前からの摂取が推奨されている葉酸サプリメントなど、妊娠前からできる『妊活準備(プレコンセプションケア)』はたくさんありますが、日本では浸透していないのが現状です。

そして、それを教えてくれるところはありません。

Smart Nurseによって1組でも多くのカップルが『妊活準備』に取り組み、より多くの赤ちゃんが健康で幸せな人生をスタートできることを祈っています。

代表

矢込香織(Kaori Yagome)

慶應義塾大学 看護医療学部を卒業。聖路加国際大学大学院に在籍中。看護師・保健師。
大学病院の小児病棟やNICU、産婦人科クリニックでの勤務経験あり。またメディカル系情報配信会社にて執筆・編集に携わり、フリーのライターとして国立成育医療研究センターの『プレコンノート』の執筆を担当。
慶應義塾大学SFC研究所 健康情報コンソーシアム 個人会員